Top > 中学受験における国語の問題形式の傾向

中学受験における国語の問題形式の傾向

中学受験における国語で出題される内容にはある程度の傾向があります。
勿論、志望校によって、微妙な出題形式に違いはあります。
しかし、大凡、対策すべき問題の種類は限られています。
先ず、読解ですが、文学的文章と説明的文章とに分けられます。
前者は登場人物の心情理解、後者は筆者の主張を理解することが眼目です。
そして、漢字、諺、故事成語、慣用句、文法などの知識問題が問題として出題されます。
ここで、それぞれの受験校での出題傾向が分かれることが多いです。
中学校によっては、この知識問題が出題されない学校もあります。
中学受験では、読解の対策に大差は出てきませんが、知識問題で傾向が分かれるので、過去問をしっかり分析すべきです。
そして、その志望校が好んで出題する知識問題の傾向を把握することが、中学受験成功の近道です。
少なくとも、過去5年間の出題傾向を大問ごとに確認することが必要です。
声の教育社から出版されている過去問には、大問ごとの出題内容が書かれているので、参考にすべきです。
詳しい情報を知るには中学入試対策BOOK49のサイトがおすすめです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
名刺は安くてもいい(2018年7月28日)
ハンディ扇風機がほしい(2018年6月24日)
fxの儲け(2016年9月23日)
クレジットカード現金化即日|無利息となるスパンのあるキャッシング及びカードローンというものは増え続けていますし...。(2015年7月16日)
化粧水だけのケア(2015年7月 7日)